横浜からふわふわと

yokofuwa.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 08日

きのうの続き。

       

           フランス語と書いてしまったばかりに、誤解を生んでは大変!

           あの、しゃべれませんから、私。
              英語だってもう単語も頭にありません。
                  学生時代、まじめに勉強したわけでなし・・。

           教え方がとっても上手でおもしろい、ネイティブの先生のおかげで、
           生まれて初めて3年習い事が続いているのです。

           でもね、習いだしてからおもしろいのは、たとえば・・。


  
b0182968_173473.jpg
 


            元町スタバ前の、元町プラザに入っている、

    
   
b0182968_17344833.jpg
 

              パン屋さん  「 Les Sens 」



             ず~っと、不思議な名前だと思っていたのです。

           『 「Lesson」 の間違いじゃないの、これって。 』(今思えば冷や汗もの・・)
              っと、夫に振ってみても、彼はそういうの興味なし・・。


             それが突然、もやもやが解消!
 
                        ☆                           
                 Les                 Sens 
                   ↑                   ↑
                 複数名詞につく定冠詞    「感覚」っていう意味

                  フランス語じゃないの~!

                       

           
b0182968_17425587.jpg


                      Chez Toi 「きみの家」


b0182968_174714.jpg


                  「悲しみよ、さようなら」
                    (サガンの小説は 『悲しみよ、こんにちは』 だったけど・・。)


          
b0182968_17492553.jpg


                     「宝石の夢」   (おお~、ゴージャス!)



                     などなど、けっこう楽しいものです。


                    ☆    ☆
           きのうに続き、文字が多くなりますが、
           授業で先生から「目からうろこの話」を聴いたので、ちょっと。

               
               ヨーロッパの映画のシーンで、
               年明けの静かな部屋が映し出されたら、それはとっても悲しいこと。

               なぜなら、大晦日いたる所でパーティが開かれ、
               飲めや歌えや踊れやで夜を明かすから!
               
               つまりその日静かだということは、誰にも誘われず孤独だということ・・。
                 だから、実はクリスマスと大晦日は自殺者が多い・・ (え~っ!)

               もうお腹いっぱい、お酒でくらくら、一睡もせず騒いで 疲れの極致なのに、
               元旦は必ずファミリーで食事しなくちゃならない。
               そして翌2日はもう仕事・・。(逆にやっと仕事で休める状態だとか・・。)

               日本のように、「ボ~ン ボ~ン」の百八の鐘を聴きながら
                    静かに過ごすなんて雰囲気はありえないんだとか。

               無理してでも楽しまなくちゃならないのも、けっこう「キツイ」んだそう。
               私も、大晦日の過ごし方は日本派だな。
     
                     ☆    ☆ 

                
                  文化の違いですね。。
                    
          こういう話を聞けるのも楽しみで続けているわけです。




          
b0182968_1954533.jpg
   
            

                   パリのとあるチョコレート屋さん
                 マダムのインパクトのある着こなしも、
                     日本とはどこか違うなあ。  





                      ちなみに、きのう、
                  prof 「休みは何して過ごしたの?」 moi「おっ、来たぞ!」
                      ところが私の前で急展開、
                  prof 「大晦日はどうしたの?」    moi「・・う~、なぜ変わる!」

                      結局その日、私がフランス語で作った文章は、
                      「早く寝ました。」 だけでした。。 おそまつ。




             
b0182968_18221621.jpg














にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
     ↑       ↑     長い文章におつきあいありがとうございます。                  
                  よろしかったらクリックお願いいたします。
      

                     
                          

              
[PR]

by potipeu | 2010-01-08 18:38 | その時折


<< なにかおいしいものでもみつけたの?      反省してます、お助けを! >>